東京都練馬区三原台2-1-27
TEL:03-3922-7547
FAX:03-3978-1533
1)
エコドライブ運動への参加
環境省、経済産業省、国土交通省及び警察庁を関係省庁とするエコドライブ普及連絡会の推奨する次の「エコドライブ10のすすめ」を社内展開しています。エコドライブ10のすすめを展開することで、15%程度燃費が改善されCO2排出効果につながると推奨されています。
2)
廃棄されるてんぷら油からの再生油を燃料とした廃棄物収集車両の導入
千葉県八街市の知的障害者施設で自立支援事業として展開されているバイオディーゼル事業に協賛し、当社八街営業所では廃棄物収運搬ディーゼル車両の一部を、軽油からバイオ燃料に転換しています。また全社的に天然ガス車やLPG車など「低公害車両の導入」を進めています。
3)
練馬区学校給食残さの「肥料化リサイクル」を展開
練馬区内の小中学校・幼稚園・保育園・給食センター・老人ホーム・区役所本庁舎などから排出された生ゴミを弊社「資源リサイクルセンター」で肥料化し「練馬の大地」としてリサイクルしています。リサイクルセンターでは、生ゴミ容器の洗浄には多量の水が必要となりますが井戸水利用ではコストは低くても環境にやさしいとはいえません。そこでリサイクルセンターでは、再生可能な天然資源として、降った雨を屋根で受け止め、施設の雨水入水タンクに貯蔵し、雨水を利用した容器洗浄を行っています。もちろん雨水だけでは必要とするすべての水は確保できませんが、「地下水の使用量を大きく削減する効果」が出ています。
4)
カメラ付きデジタルタコグラフの車両への搭載
デジタルタコグラフは、メモリーカードに車両の走行時間、走行距離はもとより、最高速度平均速度、速度オーバー時間や回数、エンジンオーバー時間や回数、急発進、急加速、急減速、アイドリング時間などの情報を自動的に収集します。この結果を配車担当がチェックし、事故防止のためのタイムリーな安全指導と合わせて、「経済走行管理による燃費の向上およびCO2の削減」を実施しています。
5)
グリーン購入の推進
当社では従来から、再生紙の購入、名刺やPR冊子などへの再生紙利用をはじめ、照明器具・事務用機器などに省エネタイプの製品を導入するなど、購買のグリーン化を推進してき ました。諸品の購入にあたっては、必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境の事を考え、環境負荷ができるだけ低い製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入することとしています。
6)
省エネルギー診断の実施
東京都地球温暖化防止活動センターの「省エネルギー診断」を受け、経営にやさしいコスト削減と環境にやさしいCO2削減の両立を目指しています。



7)
環境マネジメントシステムの導入
当社では環境マネジメントシステムを導入し、環境活動の継続的改善に取り組んでいます。
8)
個人情報保護への配慮
個人情報保護マーク(Pマーク)を取得し、個人情報のセキュリティを確立しています。
9)
東京都産業廃棄物優良事業者の認定
東京における産業廃棄物処理業者の第三者評価制度「産廃エキスパート」の認定を受けています。
10)
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画の公表
当社は業務特性に合わせた年間総労働時間のコントロール実施をすることにより、社員全員が働きやすい環境を作り、すべての社員がその能力を十分に発揮できるように、次の行動計画を策定しました。
@
業務の繁閑に応じた変型労働時間制の採用
A
報連相体制の徹底と直行直帰ルール等の弾力的運用による通勤時間等を含む拘束時間の削減・短縮
B
年次有給休暇の取得を推進
個人情報保護方針 環境方針